テーマ:沖縄

『沖縄日記』 (27) 那覇を離れて

次の世界遺産は『熊野古道』をと意気込んでいたのですが、なんと『沖縄』の旅日記がきっちり終っていなかったので、遅ればせながらお土産編でしめることにします。 ほんの数日の旅ではありましたが しっかり沖縄を満喫しました。 私は旅にでると、必ず何かを頂いて帰るように感じています。 ここ沖縄では、澄み切った青い空と青い海に癒されな…
トラックバック:1
コメント:20

続きを読むread more

『沖縄日記』 (26) ひめゆりの塔

平和祈念公園を出て、海岸沿いに那覇に向かって進んでいくと もう一つ訪れたかった場所があります。 ひめゆりの塔。 ここのことは、TVでも大きく取り上げられたりして、頭の片隅にはあったのですが 実際に訪れてみて、大きな衝撃を受けました。 ひめゆりの塔・・・ 1945年6月、この地で従軍看護婦として動員され戦死した女生徒達…
トラックバック:1
コメント:12

続きを読むread more

『沖縄日記』 (25) 平和祈念公園

初めて沖縄を訪れるにあたって、ここだけは外せないと思っていました。 澄み切った青い空と海。 昔、そんな美しい景色をじっくり見ることもできなかった時代があるのですね。 平和祈念公園に一歩踏み入れると、あまりにも広いのに驚かされます。 遠くに見える白い建物は、沖縄平和祈念堂。 『二度と戦争は起こさない』という誓いのもと…
トラックバック:1
コメント:22

続きを読むread more

『沖縄日記』 (24) 久高島

那覇で一泊して、近くの島に渡ってみました。 久高島(くだかじま)。 神の島と呼ばれているそうです。 島には、数々の神話や古式豊かなお祭りが今も残っているとのこと。   島の感想は、とても海がキレイ こんな船で渡りました。 途中、砂だけの島が遠く…
トラックバック:1
コメント:23

続きを読むread more

『沖縄日記』 番外編 花の名前判明?

『沖縄日記』に載せた花の名前がわからず、四苦八苦していたのですが ブログを見て助けていただいた方々、本当にありがとうございました。 最後は、東南植物園の学芸員の方に助けていただいて、名前が判明しました。 お花の名前を知りたがっていた方々と自分のために ここで発表です アダン。 この葉…
トラックバック:0
コメント:20

続きを読むread more

『沖縄日記』 (23) 東南植物園 6

屋内にあった花たちです。           可憐な蘭もありましたよ。           ここからは、カトレア軍団です。           睡蓮も浮かんでいましたよ。            オマケです。クリック…
トラックバック:1
コメント:26

続きを読むread more

『沖縄日記』 (22) 東南植物園 5

まだまだお花が出てきます。 まだ名前のわからない花があります。 皆様、助けてください~          ハナアナナス。    これはビックリ。    こんな花の咲き方もあるのですね。        サボテンみたいだけれど    なんとパイナップル科。   …
トラックバック:1
コメント:15

続きを読むread more

『沖縄日記』 (21) 東南植物園 4

小さい花もいっぱいです。 アチコチ探してみたのですが、さっぱり花の名前がわかりません。 どなたかご存知でしょうか 写真が見るのに耐えれるかどうか・・・            クミスクチン。            ヒゲが伸びているようで、ちょっと…
トラックバック:2
コメント:23

続きを読むread more

『沖縄日記』 ⑳ 東南植物園 3

園内をさらにブラブラしていると アチコチの木々の下に、いろんな花  と出会えました。 花の名前を調べてみましたが、わからないものばかり。 ご存知なら教えてくださいね。           生け花でお馴染みの、アンスリューム。           自然に群生しているのを始めてみ…
トラックバック:1
コメント:18

続きを読むread more

『沖縄日記』 ⑲ 東南植物園 2

トラムを降りてぶらぶらしていると、こんな所に出くわしました。 まるで東南アジアのどこかの国のようです。(行ったことはありませんが・・・)           ハイビスカスもいたるところに自然な感じで存在します。           大きなガジュマルの木もありました…
トラックバック:1
コメント:20

続きを読むread more

『沖縄日記』 ⑱ 東南植物園 1

琉球村から移動して、東南植物園にやってきました。 ここは、またまた別世界。 沖縄の奥の深さを思い知るのでした。 結構広いので、トラムで移動しました。 名前のわからない植物がいっぱい どなたかご存知だったら、教えてくださいね。             オオギバショウ…
トラックバック:3
コメント:16

続きを読むread more

『沖縄日記』 ⑰ 琉球村 3 屋根の上の子

そうシーサーです。 ここではいたるところで見かけました。 勿論、普通の家でもあちこちで見かけましたが ここはてんこ盛りです。 シーサー・・・沖縄県などでみられる伝説の獣の像。建物の門や屋根、村落の高台などに据え付けられ、家や人、村に災いをもたらす悪霊を追い払う魔除け、幸運招きなどの意味を持つ。八重山諸島ではシ…
トラックバック:3
コメント:22

続きを読むread more

『沖縄日記』 ⑯ 琉球村 2

琉球村の奥にこんなところがありました。           砂糖車(サーターくるま)           クリックして読んでくださいね。           この牛が活躍するようです。 お土産物屋さんでよく見かけたサーターアンダギーのサーターって砂糖のことだったのですね。 …
トラックバック:2
コメント:18

続きを読むread more

『沖縄日記』 ⑮ 琉球村 1

海岸線をどんどん南下して、琉球村にやってきました。 琉球の歴史に触れ合えればと立ち寄りました。     リゾート気分から     昔の沖縄にタイムスリップ     古きよき時代の     沖縄の農村風景を     再現しているそうです。     まず、後ろの塀に目がいきました。 …
トラックバック:1
コメント:14

続きを読むread more

『沖縄日記』 ⑭ 万座毛

海岸沿いを南下して、万座毛(まんざもう)にやってきました。           記念撮影用の看板。    海に突き出した崖が、象の鼻のよう。   東シナ海に突き出ている崖に   打ち寄せる白い波が   とてもキレイでした。   写真はちょっと暗いですが   もう少し明るくキレイでしたよ~…
トラックバック:1
コメント:20

続きを読むread more

『沖縄日記』 ⑬ 名護パイナップルパーク

名護パイナップルパークに出かけました。 こんな大きなパイナップルが、出迎えてくれます。   私の背は、パイナップルの実の   半分よりはちょっと大きいかなあ!?             畑には、パイナップルがいっぱい。           こんな車で移動しました。           パイナップ…
トラックバック:1
コメント:18

続きを読むread more

『沖縄日記』 ⑫ ブセナテラス 5 周辺

グラスボートを降りて、部瀬名岬にある建物へ。         2000年、沖縄サミットが開催された万国津梁館。         ホテルの近くにありました。           万国津梁とは、「世界の架け橋」と言う意味。           首里城正殿にある梵鐘に刻まれた言葉で           世界との架け橋を目指し…
トラックバック:2
コメント:22

続きを読むread more

『沖縄日記』 ⑪ ブセナテラス 4 グラスボート

海の中から魚を見たので、次は海の上からの見学です。           こんなグラスボートに乗りました。           グラスボートの下には、こういう光景が・・・。           水の色が、なんとも言い表せません。           ダイバーの方が、魚と一緒に泳ぎたくなる気持ちが   …
トラックバック:1
コメント:12

続きを読むread more

『沖縄日記』 ⑩ ブセナテラス 3 海中展望塔

少し水が冷たく泳ぐことはできなかったのですが ホテルのプライベート・ビーチを横目で眺めながら 海中展望塔へ。 ビキニ姿をお見せできないのが残念です。(笑)           ホテルのプライベートビーチ。           晴天にも恵まれ、景色は最高{%kira…
トラックバック:1
コメント:18

続きを読むread more

『沖縄日記』 ⑨ ブセナテラス 2 お庭

ホテルの周りには、ゆったりとお散歩できるお庭と海がありました。 まずは、お庭から・・・           ホテルの廊下から外を眺めて見る。           リゾートでしょう。           ワクワクしながら、下に降りて行ってみます。         隠し…
トラックバック:1
コメント:18

続きを読むread more

『 沖縄日記 』 ⑧ ザ・ブセナテラス・ビーチ・リゾート 1

首里から高速で許田へ。 レンタカーで高速を走るのが始めてだったので スゴク緊張していたのですが 走ってみてビックリ! 車が少ない~!! 阪神高速の渋滞を知っているだけに なんと走りやすいのでしょう。 ビュンビュン走り去る車を見慣れているので ゆったり、のんびりの旅でした。 今回お邪魔したブセナテラス・ホ…
トラックバック:1
コメント:22

続きを読むread more

『沖縄日記』 ⑦ 首里城 6

そろそろ首里城ともお別れです。        帰り道は、右掖門(うえきもん)から。        門から坂を見下ろしてみると、城壁がよく見える。        右の木の向こうに、歓会門がある。        こちらは、歓会門の方から、右掖門の方を眺めています。        最後の門…
トラックバック:1
コメント:8

続きを読むread more

『沖縄日記』 ⑥ 首里城 5 正殿

首里城といえばここ、正殿が有名ですよね。 まぶしいくらいの光を受けて 本当に美しく輝いていました。        あちこちに龍の飾りがついていて、厳かな感じ。        復元されたものだけに、真新しさが残りますが        この青い空とこの真っ赤な建物が        沖縄に来たのだと納得させるものでした…
トラックバック:2
コメント:11

続きを読むread more

『沖縄日記』 ⑤ 首里城 4 漏刻門・広福門・奉神門

どんどん奥に入っていきます。           漏刻門です。           中に入ると、この景色が。           建物が見えてきましたよ。           右側の門が最後でしょうか?           広福門。 残念、もう一つ門がありました…
トラックバック:2
コメント:6

続きを読むread more

『沖縄日記』 ④ 首里城 3 瑞泉門

階段をのぼって正面に瑞泉門(ずいせんもん)が控えている。         この門は、城壁の切れ目に木造の櫓がのっている。         日本本土の主なお城はこの形式らしい。       沖縄に行って、何度「本土」という言葉を耳にしたでしょうか!? 本州に住む私には、とても新鮮な感じがしました。 本当に遠くま…
トラックバック:2
コメント:4

続きを読むread more

『沖縄日記』 ③ 首里城 2 歓会門

さて、守礼門をくぐって少し進むと 歓会門(かんかいもん)が出迎えてくれます。        この門は、守礼門とは違い        石の城壁の一部が門となっている。        くり抜かれた通路の形がおもしろい。        こちらも1974年に復元されたもの。        竜宮城に招かれて…
トラックバック:1
コメント:12

続きを読むread more

『沖縄日記』 ② 首里城 1 守礼門 

はじめて足を踏み入れた沖縄で まずはここ、首里城へ。 首里杜館(すいむいかん・総合案内所)の地下に車を止め いよいよ首里城へ。 まずは、守礼門をくぐって入っていきます。 守礼門・・・創建1529年、1958年(昭和33年)に復元された         首里城のシンボル。         中国からの使者を迎えるた…
トラックバック:3
コメント:14

続きを読むread more

『沖縄日記』 ① 到着

南国沖縄へ、関空からひとっ飛び。 3時間で、沖縄到着。 空港について、思わず ここは日本かな なんて感じてしまいましたよ。 空港でレンタカーを借りて、いざ出発 沖縄ナンバーに感激しながら まずは、首里城へ。 カーナビつ…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more