テーマ:奈良

【 奈良時代の東大寺 】 東大寺ミュージアム

新しくできた東大寺ミュージアム。 その名の通り、奈良の東大寺横に登場しました。 なかなか立ち寄れずにいたのですが 【正倉院展】のあと立ち寄りました。 ずいぶん紹介せずにいましたが あと二日となってしまったこちらを、あわてて紹介しますね。 【特別展・奈良時代の東大寺】 パンフレット     …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

【 第64回 正倉院展 】 奈良国立博物館 2012

もう立冬…冬なのですね… 今年も紅葉が始まるこの季節に 奈良公園あたりは、人がたくさん繰り出してきます。 今年は食のイベント「シェフェスタ in 奈良」などもあって、大変賑わっています。      【 第64回 正倉院展 】 今年もこの…
トラックバック:1
コメント:6

続きを読むread more

【 第63回 正倉院展 】 奈良国立博物館

今年もこの季節がやってきました。 展覧会に出かけるのは昔から好きでしたが この展覧会の良さがわかる年となったようで 10月に入ると、さて今年はいつからだろうと そわそわする日々が続いていました。 今年は、10月29日(土)~11月14日(月)まで、奈良国立博物館で休みなく開催されています。 夏日が戻ってきて、本当に11月…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

【 今年もあと二日・・・ 】

今年も残すところあと二日・・・ あっという間に、終わってしまいそうですね。 今年は、手伝いを期待できなかったのですが 猫より役に立つ助っ人に助けられ なんとか終わりそうです~ 最後の写真は・・・ 今年よく通った明日香の夕景です。 美しい夕焼けは見れませんでしたが 心地よい景色を何度…
トラックバック:0
コメント:26

続きを読むread more

【 興福寺創建1300年 国宝特別公開 2010 】 奈良

平城遷都1300年祭の一環で、今年は興福寺も創建1300年を祝い 特別公開が行われています。           興福寺創建1300年 国宝特別公開 2010  50年ぶり正了知大将像(↑のパンフに写真があります)が東金堂の後堂にお目見えします。 後堂って何って思っていたので…
トラックバック:0
コメント:18

続きを読むread more

《 こんな所にミゾソバが~♪ 》 平城宮跡会場

秋も深まり、木々も色付き始めましたが ここ平城宮後会場は、先日盛況のうちに終わってしまいました・・・ 予想を100万人以上もうわまる、360万人以上もの来場者を迎えることが出来たそうです。 秋の景色に囲まれた平城宮跡会場で 足元で見た花々の可愛さを…
トラックバック:2
コメント:16

続きを読むread more

【 天平茶會 】 平城宮跡会場

今年、賑わっている奈良。 秋のフェアが始まったと聞き そろそろ終りが近づいているから もう一度出かけたいね、と言っていました・・・ 入場料も要らないことだしと、出かけてきましたよ~ 秋季フェア 【平城京フェア】            天平茶会 今回、…
トラックバック:0
コメント:18

続きを読むread more

【 せんとくん、花火になる・・・! 】 光と灯りのフェア 平城宮跡会場

テクテク歩きながら、第一次大極殿前の広場に足を踏み入れました~ そこは幽玄の世界・・・ しばし疲れを忘れたひと時でした。           第一次大極殿前の広場 昼間の第一次大極殿は、こちらからどうぞ。 入り口では、こんな提灯が出迎えてくれました。 …
トラックバック:1
コメント:30

続きを読むread more

【 夜の平城宮は華やかに~♪ 】 光と灯りのフェア 平城宮跡会場

今年の暑さに少々バテ気味でしたが 今年は花火  を見ていない・・・ ちょっと寂しく感じていました。 平城遷都1300年祭でわく平城宮跡で、夏のフェアが始まったので 暑さが落ち着いた頃から夕涼みがてら出かけてきました~           光…
トラックバック:1
コメント:15

続きを読むread more

【 平城宮の乗り物と~♪ 】 平城宮跡会場

今回は、梅雨の晴れ間に立ち寄ったのですが なんと広い会場の中は、暑さが充満しているようでした。 時折吹く風の、なんと心地よいものか~ 会場内は自動車の乗り入れは禁止ですが そんな中、涼しげに走る乗り物がありました。           ハートフルカート 会場内に…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

【 東院庭園 】 平城宮跡会場 平城遷都1300年祭

またまた近くに用事を見つけて 行ってきました平城宮跡へ~ 今回は、以前見られなかった東側を見学してきました。           東院庭園 庭園に入ると、目の前に飛び込んでくるのがこの建物。 建物の前に広がる浅い池が、なんとも風情がありますね~{%キラキラwebry…
トラックバック:2
コメント:18

続きを読むread more

【 平城京歴史館・遣唐使船 】 平城宮跡会場

最後に見てきたのが、ここです。 平城宮跡に出かけて、最初に入場整理券をゲットしていました。 決まった時間に平城京歴史館前に集合です。 それまで、ゆっくり会場を散策できました。 まず、目に飛び込んでくるのは・・・           遣唐使船                写真をクリックして見てくださいね。 説明が出ま…
トラックバック:1
コメント:34

続きを読むread more

【 第一次大極殿 】 平城宮跡会場

朝堂院跡から見えていた立派な建物 それが第一次大極殿です。           第一次大極殿 第一次大極殿と朝堂院 大極殿と朝堂院は、平城宮の中でももっとも重要な場所である。 国の政策を決め、元日や節句の儀式をおこない、外国の使節をもてなす宴会が行われたりした。 このとき、天皇がすわる建物が、北はしの…
トラックバック:3
コメント:23

続きを読むread more

【 朱雀門 】 平城遷都1300年祭  平城宮跡会場

少し前になりますが・・・ 今年、盛り上がっている奈良・平城宮跡へ行ってきました~ まず出迎えてくれるのは、これ・・・           朱雀門 (すざくもん)                写真をクリックして見てくださいね。 読みにくいですが、説明が出ます。 平城宮の…
トラックバック:2
コメント:10

続きを読むread more

【 大遣唐使展 】 奈良国立博物館

平城遷都1300年祭の一環として 奈良国博でこの展覧会が開催されています。           【大遣唐使展】                写真をクリックして見てくださいね。 パンフの裏側が見れますよ。    西暦630年に中国・唐にわが国はじめての公式使節団「遣唐使」が派遣されてから、894年の停止に至るま…
トラックバック:1
コメント:10

続きを読むread more

【 七五三の大神神社~♪ 】 奈良 

巻向から一駅の三輪駅で下車して 久々に大神神社におまいりしてきました~           大神神社 (おおみわじんじゃ) 大鳥居の前には、しっかり七五三詣りの旗がたなびいていました~ 少し進むと、二の鳥居につきます。 足が棒の…
トラックバック:2
コメント:22

続きを読むread more

【 遠き邪馬台国に思いをはせて~~♪ 】 奈良 纏向遺跡

邪馬台国って想像の世界のような気がしていましたが 畿内説・九州説で議論されているようですね。 奈良の桜井市にある纏向遺跡(まきむくいせき)で有力な証拠となりそうな建物跡が出たというので どんなものかと見に行ってきました。 畿内説は、ここ纏向遺跡のほか 候補地として琵琶湖湖畔や大阪府などの説もあるそうです。 九州説は、以前…
トラックバック:1
コメント:18

続きを読むread more

【 鴎外の門と仏教美術資料研究センターと・・・ 】

奈良公園で見かけた素敵な場所です。           鴎外の門 (おうがいのもん)                写真をクリックしてみてくださいね。 こんな石碑がありました。 石碑の説明文を写してみました。 猿の來し官舎の裏の大杉は折れて迹なし常なき世なり  森鴎外 (1862~1922) は、明…
トラックバック:1
コメント:16

続きを読むread more

【 奈良太郎 】 東大寺

今回は、正倉院ともう一つ見たいものがありました。 以前も近くを通ったはずなのに、何故お会いできなかったのでしょうか・・・           奈良太郎 (国宝)              東大寺の梵鐘です。 日本三大梵鐘の一つといわれています。 「銘の神護寺」または「勢…
トラックバック:1
コメント:10

続きを読むread more

【 国宝 法隆寺金堂展 】

先日、奈良国立博物館で開催されている【 国宝 法隆寺金堂展 】に出かけてきました。 法隆寺には、子供の頃から何度となく出かけてはいたのですが 金堂内部はいつも薄暗く こんな近くではっきりと仏像を眺めたことがありませんでした。 【 国宝 法隆寺金堂展 】・・・  世界最古の木造建築・法隆寺金堂は、飛鳥時代…
トラックバック:2
コメント:30

続きを読むread more

【 甘樫丘東麓遺跡 】 明日香

2007.2月に 甘樫丘東麓遺跡 の現地説明会がありました。 飛鳥時代の大豪族、蘇我入鹿(いるか)の邸宅跡かと言われています言われています。 大化の改新で有名ですよね。 大化の改新・・・ 645年(大化1)、中大兄皇子(後の天智天皇)・中臣(藤原)鎌足らが蘇我蝦夷(えみし)・入鹿(いるか)父子を滅ぼし始めた改革のことです。 …
トラックバック:1
コメント:26

続きを読むread more

《 遠つ飛鳥 》 明日香村 ⑫ 帰り道

明日香の地の花々を満喫して、帰途につきました。 帰り道に甘樫の丘のそばを通ったので、気になった場所を覗いてみました・・・。           甘樫の丘東麓                クリックして見てくださいね。 ここにはこんな看板だけが残されていました。 甘樫丘東麓遺跡については、こちらからどうぞ。 …
トラックバック:1
コメント:14

続きを読むread more

《 遠つ飛鳥の花たち 》 明日香村 ⑪ 天武・持統天皇陵辺り

高松塚の近くに小高い山があります。 時間があったので登ってみました。 といっても、そう高くはありませんよ。           天武・持統天皇陵                クリックして見てくださいね。 説明が出ます。             クリックして見てくださいね。 結構奥行きがあるでしょう{%e…
トラックバック:1
コメント:18

続きを読むread more

《 遠つ飛鳥の花たち 》 明日香村 ⑩ 高松塚辺り

せっかく来たのだからと 高松塚 に立ち寄りました。 飛鳥歴史公園の中にあります。      クリックして見てくださいね。 こんな広場がありますよ。 高松塚 は今、覆いがかけられ壁画解体中で、作業が続いています。 壁画については、こちらで少し紹介しています。 近くにいろんな花も顔を…
トラックバック:2
コメント:20

続きを読むread more

《 遠つ飛鳥の花たち 》 明日香村 ⑨ 橘寺付近 

橘寺のすぐそばにひっそりと佇んでいたお地蔵様です。 曼珠沙華がとってもお似合いでしょう~ 曼珠沙華 (マンジュシャゲ・彼岸花) 彼岸花科  縁取りのある紅い彼岸花もありました。      クリックして見てくださいね。 種ができるのは珍しいそうですね。  …
トラックバック:2
コメント:34

続きを読むread more

《 遠つ飛鳥の花たち 》 明日香村 ⑧ 棚田

彼岸花を見たいのならぜひ棚田に行くべきと聞き、足を伸ばしてみました。 明日香に来て、久しぶりに稲穂が垂れる棚田を見ました。 なんだか空気がどんどん澄んでいくような気がします。 ここで仕事をしているところに遭遇しました。                      
トラックバック:2
コメント:30

続きを読むread more

《 遠つ飛鳥の花たち 》 明日香村 ⑦ 石舞台地区 

石舞台のそばで白い彼岸花が見れると聞いたので、出かけてみました。 もうそろそろ終わりが近いようですが、まだ蕾もいっぱいありましたよ。 綺麗に整備されているようで、花がらは摘んであるようでした。            曼珠沙華 (まんじゅしゃげ・彼岸花)  彼岸花科                   クリックして見てくだ…
トラックバック:1
コメント:20

続きを読むread more

《 遠つ飛鳥の花たち? 》 明日香村 ⑥ 万葉文化館辺り

万葉文化館から見えていた棚田に近づいてみます。      クリックして見てくださいね。 彼岸花の花は少なかったけれど、稲穂と一緒だと趣が違いますね。 最近よく見かけるようになった アレチヌスビトハギ 豆科 です。 豆もしっかりできていました。 ツユクサ  ツユクサ科         …
トラックバック:2
コメント:20

続きを読むread more

《 遠つ飛鳥の花たち 》 明日香村 ⑤ 万葉文化館

ここには、まだまだ花が咲いていました。           ムクゲ (木槿)  アオイ科             ホトトギス (杜鵑草)  ユリ科 まだまだ蕾が固いようですね。 どんな色の花が咲くのでしょうね。 近くにのしらんの看板をみつけましたが これは ヤブラン (薮蘭)  ユリ…
トラックバック:2
コメント:6

続きを読むread more

《 遠つ飛鳥の実たち 》 明日香村 ④ 万葉文化館

この時期、ここにはたくさんの実がありました。           ムラサキシキブ  (紫式部)  クマツヅラ科 葉の間から赤い実が顔を出して・・・ リンゴかと思っていたら           やぶつばき (薮椿)  椿(つばき)科      ネムノキ (合歓の木)  マメ科    …
トラックバック:2
コメント:18

続きを読むread more