『沖縄日記』 ⑰ 琉球村 3 屋根の上の子

そうシーサーです。
ここではいたるところで見かけました。
勿論、普通の家でもあちこちで見かけましたが
ここはてんこ盛りです。


画像



シーサー・・・沖縄県などでみられる伝説の獣の像。建物の門や屋根、村落の高台などに据え付けられ、家や人、村に災いをもたらす悪霊を追い払う魔除け、幸運招きなどの意味を持つ。八重山諸島ではシーシーともいう。英表記は、Shisa,Sisa,Seasar,Seasir,Sheserなど、一定していない。だが、seaserが正しいといわれている。

スフィンクスや狛犬と同じく、源流は古代オリエントのライオン。名前は「獅子(しし)」を琉球語沖縄方言で発音したものである。        (wikipediaより)



画像


画像




          一つの屋根にもてんこ盛り

画像画像




          クリックして見てくださいね。

画像






           こんなところにまで、登場しました。

画像

          ここで何体のシーサーに出会ったのでしょうね。
          街のあちこちでも見かけたのですが、こんなに一度に現れると
          やっぱりカメラを向けてしまいました。



          最後に、この風景をもう一度。

画像

          古きよき時代の沖縄の街角は、こういうものだったのでしょうね。
          真ん中の光・・・
          ムムッ、何かが現れた 

次はコロッと変ってお花満開の世界へ。
                                      2000.11

"『沖縄日記』 ⑰ 琉球村 3 屋根の上の子" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント