《 ロータス館のおもしろい花たち 》 ② 滋賀・みずの森

みずの森ロータス館アトリウムの中には、おもしろいも咲いていました。


メディニラ・スペキオサ   ノボタン科 ジャワ原産
     クリックして見てください。 こんな風に咲いていました。

画像

メディニラ スペキオサ・・・・・
ジャワ島原産のノボタン科常緑半つる性植物
1.5cmの小さなは4弁のピンクの花びらに紫色のおしべがあり、蝋細工を思わせる。アトリウムで周年開花し、果実が同時に見られる場合もある。細かな果実は淡紅色~紫~青紫へと変化する。2~3枚の光沢のある楕円形のが対生または輪生し、目立つ7本の葉脈がある。            (水生植物園 みずの森のHPより)


こんな色のアンスリューム サトイモ科 もありました。
この色合いが、涼しげですよね。
家のカラーとは、大違いです。

画像


追記です。
カラーだと思っていたら、よく見ると違いますね。
オッチョコチョイの私です。
nobaraさん、ありがとうございました。 



チャボ・イランイラン  バンレイシ科 インド・マレーシア・フィリピン原産

画像


マンサクのような花は、葉っぱと区別がつきにくく、気づかず通り過ぎそうになりました。
咲き始めは淡い緑色だけれど、徐々に黄色に変わるようです。
チャボ・イランイラン・・・・・
良い香りの花が咲くイランイランの小型種、散り際に香りが増す。
神経をリラックスさせ、精神的なショックなどをやわらげてくれる効果があると言われている。
香りは、上等なお茶をすっきりとした感じで、決してジャスミンの様な甘ったるくはない。上品な香りだ。
高級な香水の原料ということなので、園に訪れた方々を案内する機会があるごとに紹介している。
香りはクリーム色から茶色になりかけ、散る間際のほうがよく。緑色の元気な花は香りが殆どない。                                        (沖縄東南植物楽園の学芸員の方のブログより)



ここではできるだけ説明板の写真を撮るように心がけていたのですが

チャボ  がイランイランなんて言うわけないじゃん」

な~んて、まわりに気を使いながら、笑っていました・・・


まだまだが出てきますよ。






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

nobara
2007年08月10日 11:46
おばブーさんって、名前替えた方がいいかもねん?
何だか琴線に触れて笑いを堪えながら見て回ってた?
私も一人で勝手に妄想して受ける時があります。
「おかしな奴」と相方に呆れられているんですよ。
チャボ・イランイランだった私も吹き出してしまうわ~きっと。
カラーと言うより、アンスリウム っぽいですね~
同じ サトイモ科 アンスリウム属(ベニウチワ属)ですけどね。
メディニラ スペキオサ、以前花咲かさんに見せて頂いて
おおーーっ。ノボタン科も奥が深いなと感心した次第でした。
草津って、群馬と勘違いしたことが、内田康夫の浅見光彦で読んだり
相方がそちらに出張して草津も他にも有るんだなって思った事でした。
ひよこ
2007年08月10日 13:27
名はたいを表していないですね、花の場合
あっ!日本語じゃないからか・・(納得)
イランイランって聞いたことあっても見たのは初めて
こんな地味めの花色好きです
2007年08月10日 14:35
花の名前を一発で覚えましたよ。
「チャボ・イランイラン」 上手いです!!
おばブーさんと一緒にロータス館内を回り
この花を見てみたかったわ。
2007年08月10日 18:36
可愛らしい花と不思議な花ですね。
メディニラ・スペキオサ、なんか舌を噛みそうな名前ですが、可愛い花なんですね。アップで見ると可愛さが解ります。
チャボ・イランイランは花のイメージとは一致しませんね。不思議な花なんですね。
おばブー
2007年08月10日 21:56
・nobaraさんへ。
ありがとうございます~! アンスリュームですね。ちょっと目薬を差しなおさないとね…(汗)
nobaraさんも私に似たところをお持ちですか~!?(笑) チャボ・イランイランはへんてこな名前ですよね。この前で、一人ほくそ笑む絵は、誰にも見せられません…。
メディニラ・スペキオサは、どこがノボタンなのといいたくなりますよね! 同じ種類でも、見た目が全く違うものもあるから植物は奥が深いです~♪
おばブー
2007年08月10日 22:05
・ひよこさんへ。
イランイランは、おもしろい花だけれど、それ以上におかしな名前ですよね。和名ってあるのでしょうか? イランイランと言う名前の語源は、マレー語で“花の中の花”という“ アイランイラン ”に由来するそうですよ。実は素敵な名前だったのですね♪
おばブー
2007年08月10日 22:10
・かなたさんへ。
覚えていただけましたか~! 花の名前は、かわいそうなのもたくさんあるけど、こんな笑わせてくれるのもあるのですよね~♪
でも本当は、ひよこさんへのコメントにも書きましたが、”花の中の花”って意味からきているようですよ。
おばブー
2007年08月10日 22:13
・ハマ爺さんへ。
メディニラ・スペキオサは、ノボタン科なのですよねぇ~。どうも同じ種類には見えませんね。
チャボ・イランイランは、なんと香水のシャネルの5番に使われているという記事も見つけました。香りは、気づきませんでしたが…。
2007年08月10日 22:29
メディニラ・スペキオサって可愛いですね~アップのお写真綺麗!
アンスリウムの色が変わってますね~赤や白はよく見かけますが~
イランイラン良いですね~植えて見たくなります~。
2007年08月10日 23:29
チャボ・イランイランは一度で覚えられますよね。^^
マンサクっぽいねじれた花が好きです。でも、マンサクを見た覚えがなくて・・・。
おばブー
2007年08月10日 23:52
・アズキの母さんへ。
メディニラ・スペキオサは、ちょっとおもしろい色でしたよ~。葉っぱから想像できない花でしょう♪
アンスリュームは紅白バージョン! おめでたいですよね♪
イランイランは、変色してきたら香りが漂うようなので、どこかで体験して見たいですね。
おばブー
2007年08月10日 23:58
・アールグレイさんへ。
イランイランの名前は、実は”花の中の花”というマレー語の言葉からきているそうですよ。ちょっと失礼なことを言ってしまいましたね。
エッ、マンサクは北海道にはないのでしょうか? 今検索して見たら、関東以西に分布とありました。是非こちらの方へ見に来てくださいね! でも、どこかの植物園にありそうな気もしますねぇ。種類によっては、そちらでも見れそうな感じですよ♪
2007年08月11日 10:28
一瞬、メディニラ・スペキオサが珊瑚に見えました。
深海で鮮やかなピンクをしている珊瑚に!
2007年08月11日 15:22
チャボ・イランイラン、面白い名前ですね。
チャボって、どういう意味なんでしょう?
まさかお金ってことはないでしょうね^^;
それとも嫁さんの事かな(>_<)
おばブー
2007年08月12日 08:17
・sawaさんへ。
確かに珊瑚が光っているように見えますねぇ~♪
アップにすると、ピンクが透き通って見えました。
ちょっとビックリですよね!
おばブー
2007年08月12日 08:22
・ベンさんへ。
チャボ・イランイランなんて誰がつけたのって思いますよね。
チャボは、何かなあ~? 食い意地のはった♂さんたちかなあ???(笑)
考えると都合のよいように当てはめることができそうですね~♪ でも、お金は絶対チャボではないですよ~! うちの家は歓迎ですから、どうぞ寄ってきてください~~!!! 

この記事へのトラックバック

  • 《 ロータス館のスイレンたち 》 ① 滋賀 みずの森

    Excerpt: 6日は広島、そして今日9日は長崎・・・ 原爆の日もうこんな歴史は作らないで欲しいですね。 平和を祈って、この花を紹介します・・・。 スイレン ニンファエア・ギガンテア Weblog: いつものひとりごと racked: 2007-08-10 11:01