『沖縄日記』 (25) 平和祈念公園

初めて沖縄を訪れるにあたって、ここだけは外せないと思っていました。
澄み切った青い空と海。
昔、そんな美しい景色をじっくり見ることもできなかった時代があるのですね。



平和祈念公園に一歩踏み入れると、あまりにも広いのに驚かされます。
遠くに見える白い建物は、沖縄平和祈念堂
『二度と戦争は起こさない』という誓いのもとに建てられたそうです。

画像


平和祈念公園・・・
  沖縄戦の最後に多くの自決者を出した摩文仁(マブニ)の丘一帯に広がっている。
  多くの慰霊碑があり、平和学習のために訪れる人が多い。

  



沖縄県平和祈念資料館
  クリックすると、屋根の上にはやっぱり・・・

画像


資料館の内部は、こんなにキレイでした。
しばし、戦争について勉強です。

画像



海を眺めてみると、こんなに美しい景色です。
この崖の上から多くの方が身をなげたそうです。
飛び込む時は、何も考えられなかったのでしょうね

画像





平和の礎

画像


平和の礎・・・
  1995年、沖縄戦終結50周年を記念して平和祈念公園内に建築された。
  沖縄戦(昭和6年9月~昭和20年9月)の間にお亡くなりになった全ての方々の名前を記した刻銘碑が放射状にひろがっている。
  20万人以上の方々の名前が刻まれている。 
 


資料館の展望塔からの眺めです。
こんなに整然とお亡くなりになった方々の名前が刻まれているのですね。

画像





帰り道で、平和のシンボルを見かけました。
ここにいると、感慨深いものがありますね。

画像




駐車場の近くには、ハイビスカスが明るく咲きほこっていました。
右の花もハイビスカスでしょうか

画像画像





駐車場には、こんな
暖かい気候が目で見てわかるようです。

画像



風光明媚な広い公園でしたが、幸せな今を生きさせてもらっているものとして考えさせられる場所でした。


もう一箇所、どうしても寄りたかった所に移動します。

                                     2000.11


平和祈念公園については、沖縄県平和祈念資料館よりどうぞ。







ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2007年03月30日 09:24
沖縄県平和祈念資料館の屋根は面白いですね。
建物が孤立している訳ではないですよね?
台風対策でしょうか。
単なるデザインでしょうか。

とても綺麗な場所や風景に過去の残酷な出来事があるとは信じたくない気分です。
真実を見つめ平和な世の中であって欲しいですね。。。
あわ
2007年03月30日 10:10
過去のあの悲惨な犠牲の上に我々の生活、あるんですね。
絶対忘れてはいけないことです。
世界中から戦争がなくなって欲しい!

平和記念資料館の屋根にも可愛いシーサーがいますねぇ~~~♪
2007年03月30日 10:29
沖縄の旅は戦争を身近に感じる旅でもありますよね。
平和な時代に生まれて、平和にのほほんと生きてきた私にとっては
考えさせられる旅行でもありました。
当時の人の事を思うと心が苦しくなってしまします...戦争は起こしちゃいけませんね!(-ε-)ブーブー
2007年03月30日 19:47
平和祈念なのですね。記念としなかったところが日本唯一の
地上戦体験者の沖縄の方々の思い入れなのでしょうか。私の
父も戦争体験者で捕虜の体験談を小さかった頃の私の子供達に
良く聞かせてくれました。戦争反対と言う言葉こそは出ませんが
戦争の酷さ、悲惨さを話す事で、父は父なりに平和を祈り、念じて
平和祈念を伝えているのだと思います。
2007年03月30日 20:11
あの綺麗な海に多くの人が身を投げたのですね。
沖縄も広島と同じ様に戦争の悲劇を教える教科書です。
私は11年広島に居たので余計そう思います。
60年以上前の事をこれからの世代に伝えていかなければならないと…
2007年03月30日 20:33
私が行ったころには、平和祈念堂があったくらいで、まだ資料館はなくて・・・
何にもなかったように記憶しています。
でも、沖縄に行くと実際にここで戦争があったんだな~と、あらためて考えさせられますよね。
決して忘れてはいけないことですものね。
2007年03月30日 23:03
記念公園には行きましたが資料館は外観しか見ませんでした。
ホテルのように豪華な建物という記憶が残っています。
この場所へ立つと、戦争の悲惨さをヒシヒシと感じますね。
2007年03月30日 23:28
飛行機の上からでも見えるのですよね平和の礎
これだけは息子たちに是非見せたいと出来た時すぐ行きました
資料館の中「水筒」」ありましたか?
あれにも衝撃を受けました
本当にあの戦闘をかいくぐってきたボコボコのアルミの水筒・・
「手に取って振ってみてください」ってありましたね。。。
あの崖から・・白黒の実写フィルム・・米軍の資料で何度も見たことがあります
今日のニュースでの教科書検定問題
歴史の事実を隠そうとする不穏な動きどうしても許せません
この場所に立ってもそういうことが言えるのでしょうか
おばブー
2007年03月31日 09:15
・wisteriaさんへ。
ここの屋根は、沖縄の伝統的な屋根をイメージしているのだと思います。もちろん中は続いていましたよ。青い空に赤い屋根瓦が映えて、キレイでした。
ここでも、ボ~ッと海を眺めていると気持ちよくハンモックにでも揺られたくなるのですが、資料館で少し勉強してここにつらい思い出があるのだと思い知らされます。
のんびりゆったりの旅でしたが、素晴らしい景色を眺めながら、身の引き締まる思いになりました。
おばブー
2007年03月31日 09:19
・あわさんへ。
今の日本にいると、いまだにあんなつらい思いをしている人たちが世界のどこかにいるのだと思うと、ちょっと身が引き締まります。人間の愚かなところでしょうか…!?
ここで見るシーサーは、ものすごく可愛く感じましたよ~! 守り神なのでしょうが、ホッとさせてくれるのがいいですよね~。やっぱりこのお顔がいいのかもね!
おばブー
2007年03月31日 09:25
・マリリンさんへ。
マリリンさんも感じましたか? 青い空と海を見ているだけだと全くそんな感じには思えないのだけれど、ちょっと思い知らされました!
自然に恵まれた地で癒されることの多い旅だったのですが、癒されなくっちゃいけない人たちも今もいらっしゃるのでしょうね。
おばブー
2007年03月31日 09:31
・♀カメ虫さんへ。
お父様が戦争で捕虜の経験があるのですね。それはきっと忘れられないことでしょうね。私の父も戦時中は飛行機に乗っていて、戦争がもう少し長引くとこの世にいなかっただろうと言っていました。運よく生き残った人間ですが、生き残りの辛さもあったようです。
この時代の人は、あまり話したがりませんよね。
おばブー
2007年03月31日 10:09
・ノラちゃんのボスさんへ。
このキレイな海にどんな気持ちで飛び込んだのだろうと思うと、辛くなってきます。
広島に長く住んでおられたのですね。一度原爆ドームをこの目で見てみたいと思っていました。画家の平山郁夫さんの絵が好きで、生口島の美術館に行きましたが、広島の中心地から少し離れたところで被爆されたと知りました。元気になさっていますが、今も気をつけなければいけない方がたくさんいらっしゃるのですよね。
おばブー
2007年03月31日 10:10
・コスモスさんへ。
この資料館は、新しいようでした。広い公園だけだと、ここにつらい思い出があるなんて全く感じさせない素敵なところですよね。
まだまだこういう所はたくさんあるのでしょうが、こういう景色をきれいなままで残して欲しいものです。
おばブー
2007年03月31日 10:14
・hinaさんへ。
行く前からの想像とは大違い、とってもキレイなところなのにビックリしました。
資料館には入らなかったのですね。暑かったので涼みに入ったのですが、展望塔からの眺めがとても良かったのですよ。こういう思い出がなければ、もっと気持ちよく癒されたかもしれないところでした。
おばブー
2007年03月31日 10:26
べじまきさんへ。
飛行機からも見えるのですね。気づかなかったです~。
ここは想像以上に広くってビックリしてしまいました。資料館の「水筒」、鮮明に覚えているわけではないですが、ここまでへこむかというものを見たように思います。ビックリするものが多すぎたようです。
白黒の実写フィルムは、やっぱりここから飛び降りた時のものだったのですね。沖縄に出かけてからも何度もTVで見ました。何も考えられない状態だったのでしょうね。米軍の方も辛い思いで見られていたのかもしれませんね。同じ人間ですものね。
私も戦争を知らない世代ですが、知っておいたほうが良いことってありますよね。
2007年03月31日 15:49
沖縄の風景は空も海も美しい青色で澄んで見えます
その昔悲惨な戦争があったなんて考えられないですね
平和記念公園の風景は美しさの中に悲しみを感じます
いつまでも忘れてはいけないことですね。
2007年04月01日 10:10
こんにちは
摩文仁の丘に最後に行ったときは平和記念館が建て替えられる少し前でした。こんなにきれいになってしまったんだ、と感慨深いです。教科書から沖縄の住民への集団自決の指示が日本軍から出されたという記述が教科書検定で書き換えられたというニュースが報じられています。リニューアルは外見だけで結構、中身の真実まで変えられてはたまりません。それをねらっている人たちがたくさんいるのですね。ご用心!
おばブー
2007年04月01日 15:40
・kumiさんへ。
景色が美しいだけに、人の優しさが伝わってくるだけに、昔ここであったことが重く感じられました。
普段の生活では感じられないいい経験をさせてもらったように思います。
おばブー
2007年04月01日 16:07
・かおたいさんへ。
摩文仁の丘は、思っていたよりずっと広く立派な資料館もあって、そこの展望塔からの眺めはとてもよかったですよ。ただ、これだけ美しい景色に残る歴史のほうが物悲しいもので、身につまされるものがありました。
難しいことはよくわからないのですが、教科書がどう変ろうと本当の歴史は変らないと思います。学校で習うことは正しいと思っていたので、できるだけ真実を教えていただきたいです。歴史においてはなおさらです。
2007年04月02日 02:13
こんばんは~~~

こんなに綺麗な島で過去に悲惨なことが・・・

戦争を知らない私は、本やメディアから与えられた情報のみが
インプットされています。
やはり日本人として、観光だけではなく、過去のことを知るために
一度は訪れなければならない所の様な気がします。

おばブー
2007年04月02日 10:34
・dreamさんへ。
ここの景色の美しさとのギャップがあまりにも大きく感じます。
最近、うちのあたりの高校生は、修学旅行で沖縄に行くところもあるようです。なんと贅沢な!って思っていたけれど、課外授業としてはこれ以上にためになる所は、あまりないのかもしれませんね。

dreamさん、沖縄の景色ともども、いつかご自分の目で確かめてみてくださいね。

この記事へのトラックバック