『沖縄日記』 ⑮ 琉球村 1

海岸線をどんどん南下して、琉球村にやってきました。
琉球の歴史に触れ合えればと立ち寄りました。



画像
    リゾート気分から
    昔の沖縄にタイムスリップ
    古きよき時代の
    沖縄の農村風景を
    再現しているそうです。

    まず、後ろの塀に目がいきました。
    壁が瓦なのですよ。
    ちょっとおもしろいでしょう





        まず目に入ったのは、この看板。
                (クリックして読んで下さいね)

画像

   御嶽(うたき)・・・沖縄の宗教の宗教施設。
「腰当森(くさてむい)」、「拝み山」などともいう。
「うたき」は沖縄島とその周辺の島々で発声されるもので、それに相当するものに対し宮古地方では「すく」、八重山地方では「おん」と発声する(近年では「うたき」への傾斜がみられる)。沖縄の神話の神や祖先神を祀る。 中心部は男子禁制で、一定区域までしか入れない。
沖縄独自の城である城(グスク)のほとんどには拝所が存在し、城自体の起源においても御嶽と深い関係があるといわれる。
                  (wikipediaより)

この看板の前で、ちょっと身の引き締まる気持ちになりました。
沖縄の人たちは、信心深いのだなあと感心




     まわりには、琉球の昔ながらの家が移築されていました。
          旧比嘉家(築200年)

画像

  1982年、玉城村百名より移築。
  沖縄の稲作発祥地「受水走水」の地主の旧家。
  健康長寿につながる野草・薬草などについて知ることが出来
  又薬草など購入も出来ます。
                 (琉球村HP.より)


     こちらは、何家だったか・・・

画像

 




     途中、家の片隅で
     実際に織り物を織って見せてくれました。

画像

     細かい柄も器用に織り込んでいく様が
     自分でも挑戦したくなるものでした。
     多分、私が織ると思うところに柄が出ないでしょうね。



さらに琉球村の奥にすすんでみます。

琉球村の詳細は、琉球村のホームページからどうぞ。

                                 2000.11



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2007年02月13日 14:08
私もね、丁度反対側から織り子さんの写真を撮りましたよ。
織り子さんの顔をカットして同じ様な写真です~(笑)
琉球村で三線を奏でる素敵な女性(70才くらい?)と一緒に「19の春」という歌を歌わせていただきましたよ(*・_・*)ポッ
何だか切なくなる歌でした。
2007年02月13日 14:13
ここも南国100倍!って感じですね。
瓦でできた壁。新品の瓦で作るんですよね?
何故瓦??
本州では壁の上に瓦、ってのはありますよね~。
織物も素敵!体験ができるのですか?
あわ
2007年02月13日 19:13
ご無沙汰しました~
久しぶりに沖縄の風景を見せてもらって、というか、みて、だねぇ~~アハ・・
南国の風景で気分も明るく?ありがとう~
2007年02月13日 19:18
私も、むか~し「何家・・・」という所にいきましたけど、何家だったかは忘れてしまいました~
織り機はとっても複雑な模様が出来そうな機ですね。しかも、ホント昔からの糸そうこうで・・・
私もこういう織り機が欲しいんですけど、置く場所がないので小さい織り機で織って楽しんでま~す。
おばブー
2007年02月13日 20:36
・hinaさんへ。
hinaさんも同じところで写真を撮ったのですね。万座毛の写真は見させてもらいました。hinaさんの沖縄の写真、またいつか見させてくださいね。
19の春を唄ったのですか~!聞いてみたかったですネエ。舞台では、いろんな催し物をしていたようです。私はエイサー踊りを見ました。
お土産屋さんに気をとられて、ゆっくり見ていなかったです~。(笑)
おばブー
2007年02月13日 20:41
・wisteriaさんへ。
この壁、多分新品だと思うのですが…?
向こうでは気がつかなかったのですよ。この写真を見て、あらまあ~!? な~んてのんきでしょう!
織物は体験できるみたいですよ。琉球村のHP.で
紹介していますよ~。
おばブー
2007年02月13日 20:45
・あわさんへ。
お帰りなさ~い。もう落ち着きましたか?
今年はあんまり寒くないけれど、沖縄の写真でも見て温まってくださいね。
あわさんだけじゃなく、自分にも皆にもファイト~!
おばブー
2007年02月13日 20:51
・コスモスさんへ。
そうそう見ているときは、解っていたのだけれど、すっかり忘れちゃいました。(ハハハッ)
織り物は見事でしたよ。織り機も織り子さんもね。スイスイと糸をくぐらせて織っていくのですよ~! 
昔、祖母が大きな織り機を使っていたのですが、足と手をうまく使っていたのを思い出しました。
コスモスさんは、うまく使いこなせそうですね。私は膝の上で糸を通すだけの簡単なものしか扱えませんから、柄入りはちょっと無理そうです~!?
2007年02月13日 20:52
私は行ったことないな~
地元だから興味がないって事も・・
那覇に住んでると全くこういう伝統的なこととは無縁の生活でしたから。。。
高校が首里だったので周りには確かに「御嶽(うたき)」はたくさんありましたね
でもその頃の私は周りもだけどピクニック気分で野外授業で散策したのが思い出だわ
織物は南部の琉球がすり織物工場へ出かけたことあったなぁ
次は「奥」!!!そこは凄く楽しい思い出がある♪楽しみ~♪
おばブー
2007年02月13日 20:59
・べじまきさんへ。
やっぱり地元の人には人気薄でしょうねえ。
ここは撮影でもよく使われるそうですね。この奥は、う~ん御期待にそえるかどうか…!?
ホテルでのんびりしたので、観光が駆け足状態! でも、とりあえず予定はクリアしたのですが、もっと見たいところがいっぱい残ってしまいましたよ。
2007年02月13日 21:57
ほんとに瓦が重ねてありますね
先日テレビでこのあたりを放送していました
おばブーさんのブログを見ていたので
あっ あそこだ!とすぐ分かりましたよ
タイミングよく見えたのでよかったです。
2007年02月13日 23:14
すごい! 壁が瓦!
なんだかタイムスリップしたみたいな気分です。
気のせいかわたしのまわりの空気があったかくなったような…。
おばブー
2007年02月14日 09:29
・kumiさんへ。
タイミングがあいましたか、私もテレビ見てみたかったです。
この瓦の塀は、現地では気がつかなかったのですよ。写真を見て、ちゃんと見ておけばよかったって反省しています。
おばブー
2007年02月14日 09:31
・sawaさんへ。
なんかちょっと不思議でしょう?この瓦には帰ってから気がつくという失態をおかしてしまいました。(ガックリ)
sawaさんも温まってもらえましたか~!?

この記事へのトラックバック