『沖縄日記』 ⑥ 首里城 5 正殿

首里城といえばここ、正殿が有名ですよね。
まぶしいくらいの光を受けて
本当に美しく輝いていました。


画像

       あちこちにの飾りがついていて、厳かな感じ。
       復元されたものだけに、真新しさが残りますが
       この青い空とこの真っ赤な建物が
       沖縄に来たのだと納得させるものでした。


画像

       建物に囲まれた広場は、御庭(ウナー)と呼ばれ
       ここでお祭りなどが行われたようです。
       赤白の床面が、異国情緒タップリ。
       イタリアにあるような、モザイクの床のよう。

気になったのは、このお庭が四角くないこと。
(この写真ではわかりにくいですが、手前の方が少し狭い)
わざと歪めたのでしょうか?
何か意味があるのでしょうか?



装飾をアップにしてみました。
本土でよく見るタイプのお城とは全く違いますよね。
琉球王国。興味津々です。
画像



よく見るしゃちほこは、尾を持ち上げているが
ここのは。ちょっと違いますよね。
画像

鬼瓦もシーサーのよう。
右左で、阿吽(あうん)になっていた。


御庭(ウナー)の南側にある南殿(なんでん・左)と番所(ばんどころ・右・・・ほとんど映っていない)。
儀式を行う所と役人の取次ぎ所らしい。
画像

       この建物だけが、異色な感じ。
       よくよく考えると、ここだけ日本?


反対側に北殿(ほくでん)があるが
こちらは行政の場だったようだ。
今は(2000年)、展示場兼お土産物屋さんでした。



内部を見て、またビックリ!
床が真っ黒で、柱が真っ赤。
二階建ての建物の中は
赤・黒・金のオンパレードでした。
正殿の中は、写真撮影ができず残念。


そろそろ、帰り道へ進みます。

                       2000.11




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2007年01月26日 11:11
私はパンフなど読んだことないので耳情報だけなんだけど
「うなー」の床の線引きには意味があるそうです
中国からのさっぽう使(変換できない(=_=;)をお迎えするときなど 位によって立つ位置とか決まっててその目安のラインだとか。。
2007年01月26日 14:28
そうそう、この色!
私が行ったときは沖縄サミットから2年以上経っていたと思うのですが、お天気も良くこの赤が眩しいくらいでした
一昨年行ったときは曇り空と言うこともあったのでしょうが少し落ち着いた赤になっていましたね
でも内部の朱の色はやはり眩しかったですね~(*/∇\*)
おばブー
2007年01月26日 15:34
・べじまきさんへ。
そうなんだ~!
やはり沖縄は、日本の中で中国色の占める割合が大きいのですね…!! 
日本だと思ってみると異国のようで、異国だと思ってみると日本だし…。今は飛行機で3時間、でも遠く離れているのですね~!
おばブー
2007年01月26日 15:36
・hinaさんへ。
そうですよねえ、眩しい赤なんだけれど、ここの空とはマッチしていますよねえ。
うちの近所にあったら、きっと浮いてしまうと思うのですよ~!
中はビックリするくらい、綺麗でしたね。
2007年01月26日 17:16
ウチナーグチで「ウナー」というのはヤマトゥグチの「お庭」に対応しているのでしょうかね。でもわたしたちが「お庭を拝見する」というような敬愛の心が感じられますね。琉球王朝に対する人々の気持ちはどんなものだったのでしょうか。
2007年01月26日 17:23
何度か書き込みをしたのですが、消えてしまいます。最後の手続きが正しくないようです。ウナー=お庭なのでしょうか。親しみをこめて呼ぶのですね。勝手な解釈ですが・・・。
 
おばブー
2007年01月26日 19:05
・かおたいさんへ。
沖縄の言葉は、外国語のようですよね。
近くの町でも、方言が全く通じない場合がありますよね。ブログを拝見している方の中にも、いろいろな方言を教えていただける方がいます。なんとなく理解しているようでも、当たっていないこともあります。(笑)
沖縄の方も多分、向こうの言葉で話されたら理解に苦しんだのかもしれませんね。

コメント書き込みの件ですが、かおたいさんのせいではありませんよ。
Biglobeさんのコメント・スパム制限というのがあったので設定しました。私の場合は、制限するというより、コメントが書き込まれたことがすぐ解るので、そうしています。
2007年01月28日 12:59
青い空に赤い建物は立派な物ですね
大きくして見ると綺麗さがよく分かりますね
昔の職人芸はすごいとしか言えませんね。
おばブー
2007年01月28日 22:51
・kumiさんへ。
復元されてから8年後に出かけたので、まだまだ色鮮やかでしょう! でも、ここの装飾の素晴らしさは素晴らしいものでしたよ!!
2007年01月29日 08:45
こういうお写真や、記事、そしてコメントを拝見してますます行ってみたくなりました。
若かりし頃、NHKの大河ドラマで沖縄舞台の
歴史物があったような気がしますが
ちゃんと観ておけばよかったです。
戦争中の悲惨なことしか知らない私。。
訪れる前に歴史を勉強します!

ところで写真を拝見する時
ダースベーダーを探してしまいました(笑)
おばブー
2007年01月29日 21:43
・dreamさんへ。
少年隊の東山君が王様の役をしていたのを覚えています。あの時も建物とか中国のようだと思っていました。もう記憶が薄れてますが…?

ダースベーダーの正体は、実は私です~。結構影が大きいでしょう。(笑)

この記事へのトラックバック